2010年01月28日

NHK、視聴者への不適切対応で担当者契約解除(読売新聞)

 NHKは25日、視聴者コールセンターに勤務していた70歳代の男性担当者が、視聴者からの問い合わせに対し、「(東京地検からの)リークはあり得る」と回答したため、22日付で契約を打ち切ったと発表した。

 NHK広報部は「思い込みによる自らの考えを独断で回答した不適切な対応」と、その理由を説明している。

 問い合わせは、今月16日夜に教育テレビで放送された、小沢一郎・民主党幹事長の政治資金をめぐる手話ニュースに関してのもの。視聴者との応答記録から不適切発言が発覚した。

 担当者は報道経験のない元NHK職員。1986年から、コールセンター業務を受託する「財団法人NHKサービスセンター」に1年ごとの契約で雇用されていた。

環境税、プロジェクトチームで検討へ=2月中にも設置−税調会長ら(時事通信)
桜開花予想 都心3月24日ごろ 気象庁撤退、民間会社に(毎日新聞)
「官民協力」奏功 振り込め被害3分の1 検挙率も77%(産経新聞)
デモ参加者に催涙スプレー=17歳高校生を逮捕−警視庁(時事通信)
<名護市長選>4度目に「移設ノー」 稲嶺氏「公約貫く」(毎日新聞)
posted by イガワ タイラ at 05:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。