2010年04月29日

子ども手当の金額、市町村の裁量で決定 政府の検討会議(産経新聞)

 新しい子育て施策の制度設計を検討する政府の閣僚会議「子ども・子育て新システム検討会議」は27日、平成23年度以降の子ども手当(1人あたり月額2万6千円)について、市町村の裁量で給付金額を決定できるようにする方向で一致した。極端に給付額が少なくならないよう国で最低額は設定するが、一部を保育サービスのバウチャー(利用券)で支給することもできるよう、市町村で選べるようにしていく考えだ。

 検討会議がまとめた新制度の基本方針によると、子育て施策の権限と財源は原則、市町村へ移譲する。子ども手当と保育サービスの財源配分や保育サービスの内容は、市町村が自由に決定できるとしている。

 子育て施策の財源については、今まで各省庁ごとに縦割りになっている仕組みを「特別会計」または「基金」に一元化し、国、地方、事業主がそれぞれ費用を負担する。財源は市町村に交付されるが、子育て施策以外には使用できないようにする。

 また、鳩山政権の目玉の「幼稚園と保育所の一体化」に関しては、「子ども園」(仮称)に名称を統一し、サービスを徐々に共通化していく。

 来年の通常国会に関連法案を提出、25年度から完全実施していく方針だ。

【関連記事】
「タイで養子」子ども手当554人分申請 韓国人男性、尼崎市が受け付け拒否
子ども手当「現金支給増なら政策ゆがむ」 京都府知事が苦言
「子ども手当、貯蓄に」 支給対象世帯の7割
大量申請の懸念現実に 審査厳格化では限界も 外国人の子ども手当
子ども手当に外国人殺到、自治体職員怒りの声

父の遺産計2億5000万円脱税 会社役員を起訴(産経新聞)
<沖縄市長選>東門氏が再選(毎日新聞)
<医療事故>手術で女性死亡 人工心肺装置異常か 東京(毎日新聞)
路上の女性遺体は29歳ホテル従業員 茨城・日立、殺人容疑で捜査(産経新聞)
放鳥トキ、また卵捨てる=ふ化の可能性は残る−環境省(時事通信)
posted by イガワ タイラ at 12:03| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

ヤリ始めて即日で7万ゲットォォォォ!!!!
http://bem.chories.net/1w-zi4w/

ていうか俺、女にお任せしてチ ソ コ出して寝てただけだぜ?www
ぶっちゃけ簡単すぎんだろこれ!wwwww
Posted by 俺の給料の半分が1日でwww at 2010年05月19日 05:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。