2010年05月22日

【裁判員考】制度施行1年(上)起訴〜公判前整理手続き 遅れる書面、審理滞留(産経新聞)

 裁判長「書面の提出が遅れているようですが」

 弁護人「検察側の提出と証拠開示が遅れていたものですから、こちらの主張の検討に十分な時間が取れませんでした」

 いらだつ裁判長に被告弁護人はこう答えた。昨年、関東地方で行われた強盗傷害事件の裁判員裁判に向けた公判前整理手続きの際のやりとりだ。

 「検察側が遅れた」と弁護側が指摘したのは「証明予定事実記載書面」。検察側が公判での主張の概要を記した書面だ。起訴後に裁判所に提出するものだが、「2週間で可能」(検察幹部)とされる提出には平均約30日を要している現実がある。このため、整理手続きの期日までに検察側の主張を受けた弁護側の防御態勢を整えることができないケースも生まれているという。

 双方の書面の提出が遅れた結果、整理手続きの協議は計6回行われ、約5カ月を要した。判決が言い渡されたのは、起訴後7カ月近くたってからだった。

 担当した弁護士は「自分自身、裁判員裁判の弁護を引き受けるのは初めてだったので、慎重になった部分があり、公判開始まで時間がかかった。でも、検察側が主張を明らかにするタイミングが遅いのも確かだ」と指摘する。

 一方、ある検察幹部は「検察側の書面の提出や証拠開示が遅いこともあったが、裁判所の判断が遅かったり、弁護士が余計な主張をしたりして遅れることもある。検察としては迅速にやろうとしている」と説明した。

 ■慎重…長期化

 裁判員裁判では、裁判員の負担をなるべく軽減するため、争点などを厳選する公判前整理手続きを行う。裁判官と検察官、弁護士が参加する整理手続きは裁判員制度開始に先立つ平成17年から導入された。

 最高裁によると、21年度に全国で起訴された裁判員裁判対象の被告は1662人だが、年度中に1審判決に至ったのは444人にすぎない。21年度の裁判員裁判対象事件では平均約4・2カ月を整理手続きに要した。対して、開始前の20年度の対象事件は約3・4カ月。21年度の対象事件では起訴から判決まで平均6カ月だが、20年度に判決が出た対象事件は平均5カ月だ。整理手続きの長期化などで公判開始が遅れ、事件の滞留を生み出している。

 慶応大教授の安冨潔弁護士は「関係者の生の声を法廷にいる裁判員に伝え、判決を導き出してもらうのが裁判員裁判の前提。初公判まで時間がかかるようでは、法廷での関係者の証言がどの程度正確な記憶に基づくものなのかは疑問だ」と懸念する。また、整理手続きの長期化は、被告の勾留(こうりゅう)期間の長期化にもつながる。裁判員にも被告にも悪影響を及ぼす恐れが現実化しつつある。

 ■判決に影響も

 整理手続きのあり方は、判決にも影響を与えている可能性がある。

 今年2月、東京地裁の裁判員裁判で、2歳の息子を虐待死させたとして父親(35)に懲役11年が言い渡された。約1カ月後、父親の公判で裁判員を務めた男性は、母親(35)の公判を傍聴し、憤った。

 「母親の言い分を聞いていれば、180度とは言わないが、90度は判断が変わったかもしれない」

 母親の弁護側は公判で、「夫の暴力が怖くて虐待を止められなかった」と主張。しかし、父親の公判では「暴力」について触れられていなかったからだ。

 整理手続きで争点や主張が絞り込まれた結果、裁判員が必要と思う事実や証拠が公判で排除されたのだとしたら…。迅速な裁判と証拠の厳選を両立させることの難しさが浮かぶ。

 ベテラン裁判官は「まだ法曹三者が探り合いをしており、さまざまなスケジュールに幅を持たせている。それだけ争点の絞り込みもぶれたり、時間がかかったりする」と指摘。ある検察幹部は「法曹三者で呼吸がうまく合ってくれば、整理手続きの問題は徐々に解消していく」と話している。

                   ◇

 国民が裁判員として刑事裁判に参加し、裁判官とともに判決を検討する裁判員制度が施行され、21日で1年となる。これまで大きな混乱もなく制度は進んできたようにも見えるが、課題も浮かび上がってきた。施行3年での見直しも決まっている制度の問題点を探る。

<西本願寺札幌別院>お寺の本堂が一夜限りの「クラブ」に バーテンは僧侶 悩み相談も(毎日新聞)
裏献金と認識「報告書に計上できず」=小林氏陣営の会計担当者―北教組事件で初公判(時事通信)
中学体育祭、強風でテント飛び生徒10人けが(読売新聞)
高速新料金6月実施不可能 スタート全くめど立たず(J-CASTニュース)
母娘殺人監禁 初公判は7月26日 千葉地裁(産経新聞)
posted by イガワ タイラ at 00:46| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月29日

子ども手当の金額、市町村の裁量で決定 政府の検討会議(産経新聞)

 新しい子育て施策の制度設計を検討する政府の閣僚会議「子ども・子育て新システム検討会議」は27日、平成23年度以降の子ども手当(1人あたり月額2万6千円)について、市町村の裁量で給付金額を決定できるようにする方向で一致した。極端に給付額が少なくならないよう国で最低額は設定するが、一部を保育サービスのバウチャー(利用券)で支給することもできるよう、市町村で選べるようにしていく考えだ。

 検討会議がまとめた新制度の基本方針によると、子育て施策の権限と財源は原則、市町村へ移譲する。子ども手当と保育サービスの財源配分や保育サービスの内容は、市町村が自由に決定できるとしている。

 子育て施策の財源については、今まで各省庁ごとに縦割りになっている仕組みを「特別会計」または「基金」に一元化し、国、地方、事業主がそれぞれ費用を負担する。財源は市町村に交付されるが、子育て施策以外には使用できないようにする。

 また、鳩山政権の目玉の「幼稚園と保育所の一体化」に関しては、「子ども園」(仮称)に名称を統一し、サービスを徐々に共通化していく。

 来年の通常国会に関連法案を提出、25年度から完全実施していく方針だ。

【関連記事】
「タイで養子」子ども手当554人分申請 韓国人男性、尼崎市が受け付け拒否
子ども手当「現金支給増なら政策ゆがむ」 京都府知事が苦言
「子ども手当、貯蓄に」 支給対象世帯の7割
大量申請の懸念現実に 審査厳格化では限界も 外国人の子ども手当
子ども手当に外国人殺到、自治体職員怒りの声

父の遺産計2億5000万円脱税 会社役員を起訴(産経新聞)
<沖縄市長選>東門氏が再選(毎日新聞)
<医療事故>手術で女性死亡 人工心肺装置異常か 東京(毎日新聞)
路上の女性遺体は29歳ホテル従業員 茨城・日立、殺人容疑で捜査(産経新聞)
放鳥トキ、また卵捨てる=ふ化の可能性は残る−環境省(時事通信)
posted by イガワ タイラ at 12:03| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月24日

<神埼市長選>松本氏が再選 佐賀(毎日新聞)

 神埼市長(佐賀県)松本茂幸氏(59)が再選。元市職員の狩野常徳氏(36)を破る。投票率は76.96%。

 確定得票数は次の通り。

当10280 松本 茂幸=無現<2>

 10043 狩野 常徳=無新[民]

高速料金 制度再検討 値上げ幅の抑制が焦点に(毎日新聞)
<山崎宇宙飛行士>「ママ、お帰り」家族ほっと(毎日新聞)
福知山線脱線 指定弁護士が会見 JR西歴代3社長起訴で(毎日新聞)
中国ヘリ、また海自護衛艦に異常接近(読売新聞)
財政健全化へ関係閣僚委=数値目標検討に着手(時事通信)
posted by イガワ タイラ at 23:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。